正しくないけど美しいことを切り捨てられないのが私の妄執

三 奔り流れる妄執の水流を涸らし尽くして余すことのない修行者は、この世とかの世をともに捨て去る。-蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである

 私がこの言葉すごいなと思うのは、これは「仏道を極めたいのなら、この仏教そのものにさえ固執するなよ」という仏教の教えなわけでしょ…。そういうことを言う宗教が実在するんだと思って。仏教が哲学だと言われる所以を感じた。

 

ただ私は、妄執と愛の狭間で殉死するように、正攻法で思いを捧げまくるヲタク達をこれまでたくさん見てきて、それは確かに正しくも賢くもないけど、なのに誰よりも何よりも美しく正しい瞬間が何遍もあったから私は妄執や妄執によって生まれる迷いを否定したくない。

妄執を捨てるのは、妄執を捨てたいひとだけでよいと、当たり前におもう

 

正しくないけど美しいこと が切り捨てられないのが私の妄執

 

 

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)