少なくとも8年前と手法の流行が全然変わっていなさすぎてぞっとした話

お芝居を見てきて、技術や力量は十分あるんだけど、とにかく手法が古い、というか、少なくとも8年前ぐらいの状態からアップデートされなさすぎる。

 

生身の人間に安易に怒鳴らせてその怒鳴り声によって大衆の心を揺らがせようとするのは逃げなんじゃない?と思うし、例えばディズニーはテーマパークでは「テーマパークでしか体験できないことを」映画では「映画でしか体験できないことを」ということに心血を注いで常にエンターテイメントのトップを切って走っているけど、じゃあ、演劇は?映像でもテーマパークでも音楽ライブにもアイドルの接触でも体験し得ないことは何?

と思うし、生身の人間の身体や声、命を舞台に上げて観衆の前に晒すという、複製芸術にはないそのアドバンテージに甘えすぎているのでは?という気がしたところで、

もしかして他の娯楽を嗜む経済的あるいは時間的余裕がない人が多いってこと?だから演劇じゃないところの文化を取り込んでアップデートするという機会が持てないってこと?8年前と手法の流行が全然変わっていないってそういうこと?

と思ってなんだか急にぞっとしてしまった